お金を作り出すための方法は、世の中には沢山に存在しています。副業をしたり、株やFXなどを行ったりと、生産するものもあれば、ないものから増やす方法も存在しているのです。
ここでは、クレカ現金化というのは、どのようなメカニズムでお金を生み出すことが出来るのか?他にも詐欺などのリスク等はないか否かなどを紹介していきましょう。
■クレカ現金化とはどういったものなのか?
クレカ現金化とは、どのような方法で現金を作り出すものなのでしょうか。クレカ現金化とは、何かの商売をしてお金を生み出すという方法ではありません。基本的には、お金を借りて現金を作るという方法になりますから、それが前提であることは覚えておきましょう。
つまり、一般的にはカードローンや、消費者金融などでお金を借り、現金を手にするわけですが、それらの方法が審査が通らないだとか、限度額が超えており、利用をすることが出来ないなど、ピンチの場合に使える裏技的な現金獲得方法になるのです。
クレカ現金化には前提となるものがあります。それは、クレジットカードを保有していること。クレジットカードがなければ、この方法で現金を手にすることは出来ません。クレジットカードには、キャッシング枠とショッピング枠が存在します。
キャッシング枠は、お金を借りることが出来るもので、限度額が設定されています。ショッピングは、現金を借りることが出来ない代わりに、商品などを購入する際に使用することが出来ます。
このショッピング枠を利用し、キャッシング枠の限度額がオーバーしても、現金を手にすることが出来るというのがクレカ現金化になります。
■ショッピングをして商品を買い取ってもらう
人気の高い商品をクレジットカードを使って購入をします。そしてその商品を自身でオークションなどで販売したり、実際に誰かに販売して現金を得る。それ以外にも現金化をしてくれる業者が存在していますから、それを利用するといった方法で現金化が可能になります。
時間的に余裕がある場合には、ご自身の手で商品を購入し、販売するといった方法がベターな選択だと言われていますが、時間が掛かるものです。また素人の場合には、人気が高い商品も把握することが難しく、販売価格の相場も分かりません。
業者を使うことで、手数料が発生するデメリットがありますが、すぐに現金化が出来る上、24時間365日利用をすることが出来るケースが多いということなど、メリットも多いのです。

どの業者を選択すべきなのか?

クレカ現金化を業者を通さず、個人で行うという場合でも、現金化する場合には、何かしらの業者が絡むことになります。インターネットオークションを使うにしても、オークションサイトという業者が間に挟まれます。
このように現金化の際には、業者選びは切っても切れない重要なポイントになってくるのです。ここでは、クレカ現金化を個人でする場合の業者選びについて紹介していきます。
■どの業者に買い取りをしてもらうのか?
クレカ現金化を行う場合、気をつけるべき点はいくつか存在しています。まずはどの商品をクレジットカードのショッピング枠で購入するのか。そしてそれと同様に大事なことは、どの業者に転売するのかといったことです。
買い取ってくれるとしても、購入金額よりも、明らかに低い金額でしか買い取りをしてくれないのであれば、それはそれだけ損をすることを意味します。ですから、価値のあるものをしっかりと価値のあるものとして判断し、買い取りをしてくれる業者を選ぶことがとっても大事なのです。
■得意分野の業者を頼るのか?何でも屋を頼るのか?
そこで注意したいことは、例えばブランド品だけを扱っていたり、金券だけを扱っているというような専門知識のある業者をターゲットにするのか。それとも、どんなジャンルのものも受け入れるような業者を利用するのかといったことです。
確かな目を持っているのであれば、前者がオススメであり、素人程度の知識やノウハウしか持っていないのであれば、明らかに後者を利用して売却をすべきでしょう。ただし一番ダメなのか、素人考えで高級ブランド品を購入し、それを近所の質屋に質入れするといったことです。
専門知識がない業者に、そのジャンルの人間にしか価値が分からないレア商品を売っても損をするだけだということを覚えておきましょう。

業者でクレカ現金化を行う場合

クレカ現金化は聞いたことがあるけれど、よく分からない。とにかくどんな方法でもいいので、一刻も早くまとまった現金が欲しい。こういった考えの方なら、業者を使ったクレカ現金化がおすすめです。
ここでは、業者を使ったクレカ現金化のメリットと、デメリットについて紹介していきましょう。
■ノウハウを把握しているから現金化が早い
クレカ現金化を行う場合、業者を利用して得られるメリットは沢山に存在します。まずは現金を手にできるまでのスピードが早いという店です。特別なノウハウを持った業者が行ってくれるわけですから、即日に現金を手にできるケースがほとんどになります。
また24時間利用できたり、365日対応をしてくれるところがほとんどです。必要な時に、必要なタイミングで現金を手に入れることが出来るというのは、非常に大きなメリットではないでしょうか。
特にネットバンクを保有している方であれば、パソコン上で全ての手続きを完了させることも可能になります。わざわざ店舗などに行く手間も省けますから、労力は非常に少なく済むことも業者で現金化をする大きなメリットと言えるでしょう。
そして何より、決算代行会社などを通じてクレカ現金化を行う業者がほとんどですから、クレジット会社にバレる心配がなく、利用停止などの憂き目に遭うリスクも減らすことが可能になるのです。
■手数料は当然に徴収されてしまう
その一方でやはり他人の手を借りるということは、個人で行うよりも、コストがかかってくるのは当然です。各業者は還元率というものを使って、手数料を徴収して成り立っているのです。
1万円の商品を購入しても還元率が80パーセントの業者を使うと8000円しか手にすることは出来ません。また、振り込み手数料や、事務手数料といったものを請求してくる業者もあり、その場合には、せいぜい6000円前後の現金しか手に入れられない状況になります。
こういったデメリットがあることも加味しておきましょう。

金券やギフトカードでクレカ現金化する時の注意点は?

クレカ現金化を個人的に行おうとした場合、クレジットカード会社には目をつけられてしまうというリスクはあるものの、換金率が最も高く、安定しているとされているのが、金券や商品券といった、いわゆる「紙もの」と呼ばれる商品です。
金券や商品券をクレカ現金化の転売商品として選んだ時のメリットや、注意点といったものはどのようなものがあるのかをここでは紹介していきましょう。
■目をつけられているため購入できないものもある
金券や商品券といったものは、換金率が高いことで知られています。これはクレカ現金化を知っている個人や業者だけではなく、クレジット会社も十分に把握していることになります。
このため、クレジット会社もそういったものは厳しくチェックしていることが多く、有名百貨店の商品券などは、クレジットカードでは購入することが出来ないといったルールまで設けられているところもあります。
商品券やギフト券ばかりをクレジットカードで購入しているユーザーは、徹底的にチェックされ、利用停止処分を受けるケースも珍しくありません。ですから、換金率は高いものの、毎回使うことが出来ない難しいターゲットであるとも言えるのです。
■90パーセント以上の高還元は使う他ない
とはいうものの、やはり金券やギフトカードなどは、換金率が90パーセント以上という良質なターゲットになりますから、クレカ現金化を行う際には、使いたい商品といえます。
ただし、前述にもある通り、目をつけられやすい商品になりますから、毎回のようにギフトカードで現金化をするのではなく、ここぞの場面でタイミングを図って使うのがおすすめです。
例えば、暑中見舞いや冠婚葬祭シーズン、お歳暮などの時期には大量購入をしたとしても、何も不思議ではありませんからね。

個人でクレカ現金化を行う場合

クレカ現金化には大きく分けて、自分自身で行うケースと、専門の業者を使って行うケースとに分けることが可能です。そしてそれぞれにはメリットとデメリットがあるものです。ここでは、個人で行う場合のメリットとデメリットを紹介していきましょう。
■クレカ現金化を個人で行う方法とは?
クレカ現金化を個人で行う場合には、どのようにすればいいのでしょうか。まずは、クレジットカードを使い、実際にショップで購入するも良し、インターネットのショッピングサイトなどで購入するも良いですから、商品を購入します。
それを高く買い取ってくれるショップを使って売却したり、オークションサイトなどに出して売却し、現金を得るというのが個人で行うクレカ現金化になります。
■還元率を気にする必要がないというメリット
業者を使った場合には、かならず手数料を取られることになります。現金化を行っている業者は、慈善事業を行っているわけではなく、それによって利益を得ているわけです。ですから、それぞれのクレカ現金化業者には、還元率というものが設定されており、購入した金額よりも、安く売却することしか出来ないようになっているのです。
個人で行う場合でも、当然に購入金額よりも下回ってしまうケースもありますが、オークションなどでは、最低金額を設定すれば解決出来ますし、誰もが欲しがるレア商品であれば、場合によっては購入した金額よりも高く売却して利益を得ることが出来ます。
この方法は、いわゆる「せどり」という方法にもなりますが、購入の際にクレジットカードのショッピング枠を利用しているわけですから、クレカ現金化となるわけです。
■時間が掛かるのが難点
このため利益を挙げたいだとか、なるべく購入金額との差額を抑えたいと思っている場合には、入念なリサーチや準備が必要であり、販売完了までのスケジュールも長めに見る必要があります。
結果、すぐに現金化が出来ないというデメリットが個人での場合には生じるわけです。